坐骨神経痛にお悩みの方へ

このような症状でお悩みの方へ

  • お尻から足にかけて痛い、しびれる、だるい。
  • 指先がしびれる。
  • 歩行時に足に力が入りづらい。
  • 片脚だけに症状が出る。
  • 歩行時に足を引きずる
  • 膝やふくらはぎや踵が痛む

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛という病名は正式名称ではありません。坐骨神経は背骨からお尻、太もも、ふくらはぎ、つま先にかけて通っています。骨盤(お尻)に大元の太い神経があり、そこから指先まで細かい神経が枝分かれして伸びています。

坐骨神経は腰やお尻の筋肉が疲労や老化などで硬くなって、血流や神経を圧迫することで伝達が悪くなることでおこります。坐骨神経痛を長期間放置すると片足を引きずったり、力が入らない等で身体のバランスが崩れ歪みがおこります。また、片方の筋力が落ちることで生活にも支障がでてきます。

主に椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症のように骨の老化や変形で 直接腰骨の神経が圧迫されるものと筋肉疲労や緊張で腰やお尻や脚の筋肉が硬くなり神経を圧迫されるものが代表的な特徴です。

大田区の糀谷整体院の施術

①筋肉の調整

腰からお尻、下半身を中心に固くなった筋肉を整体の施術で時間をかけて緩め、血行と神経伝達を良くします。(トリガーポイント・セラピー/TPT)

②関節の調整

筋肉の緊張により可動域が狭くなった関節の動きを、整体の施術で調整し矯正します。(CMT/関節・骨盤の矯正)
特に背腰、骨盤周囲中の関節を調節していきます。痛みがひどい場合は行いません。

目的

腰やお尻、脚の関節の動きを良くしていくことと、筋肉の硬さを緩めて血流を上げることで神経の圧迫を抑えます。
坐骨神経痛の痛みで片側をかばう生活が長かった方は、筋力が低下していることが多いので積極的に筋肉トレーニングを整体の施術の中に取り入れています。

そして、歩き方や生活習慣のアドバイスも行っています。

★坐骨神経痛 <もっと詳しく>

坐骨神経は、殿部から太腿の後ろを通り膝から足先まで続いています。末梢神経の中で最も長くて太い神経です。
原因としては腰部におけるか種々の疾患がありますが、多いのは椎間板ヘルニア、馬尾神経腫瘍、脊椎間狭窄症であります。その他にも脊椎分離症や脊椎すべり症、変形脊椎症などで起こることもあります。

殿部から大腿部後面、下肢外側面、足にかけての痛みが特徴で、殿部から下肢にかけての重だるい感じ、圧迫感や放散痛、電撃的な痛みなど様々で、安静時に痛みがでるもの、長時間の歩行で生じるものなどがあります。しばしば下肢の筋力低下や下腿外側と足の知覚麻痺をともないます。

重度の坐骨神経痛をおこすと、痛みが継続的に続くことで、寝ることにできなくなったり、麻痺や痛みで歩行障害を伴うこともあります。椎間板ヘルニアなどで坐骨神経痛が生じると、神経への刺激で痛みが避けられる方向へ身体を逃がしそくわ側弯の姿勢をとる特徴がありこれを坐骨神経側弯といいます。

坐骨神経痛は、痛みやしびれの原因を特定し、身体の歪みや筋肉の硬さをとり、血流量をあげて神経の伝達を改善させることが重要です。
大田区の糀谷整体院の手技は、坐骨神経痛の改善も得意としておりますのであきらめずにご相談ください。