院長日記 folder 院長日記

ストレスに強くなる

  やけ食い 「やけ食い」という言葉があるようにストレスを解消する手段として食べ物が使われることがあります。 食事をしている時は副交感神経が優位に働き、緊張や不安を和らげられたり、食べたり飲んだりすることで無意…

続きを見るarrow_forward

ストレスを受けると、身体を”戦闘モード”に保つために血液中のカルシウムやホルモンに変化が起きます。 早い時期はアドレナリン、長く続く時は副腎皮質ステロイドが出てきます。このステロイドの生理作用の中には、カルシウムを体外に…

続きを見るarrow_forward

長時間の立ち姿勢が腰痛やむくみを引き起こす

  立ったままや座ったままなど同じ姿勢を長時間続ける仕事に関わっている人で、腰痛や肩こり、むくみなどの症状を訴える人は多いようです。 2本足で立った人間の宿命とも言われる腰痛。一般に腰は、体重の6割を支えており…

続きを見るarrow_forward

トリガーポイント

筋肉にできる”深い凝り”(トリガーポイント) 筋肉にできる深い凝りがトリガーポイントです。放置するとひどくなります。筋肉の凝りですから、病院でレントゲンを撮っても発見されません。トリガーポイントに…

続きを見るarrow_forward