手足のしびれや痛みにお悩みの方へ

 

このような症状でお悩みの方へ

  • 手の指先、足の指先がしびれる
  • 手足に感覚がない
  • 手や足に力が入らない
  • 歩行時ふらつく
  • 泌尿障害がある

手足のしびれについて

 

手のしびれは頚椎の病気(頸椎症、頚椎ヘルニア、むち打ち、胸郭出口症候群等、骨棘)などで神経を圧迫されて起きる場合肩や首のこりなどで血行が悪くなり、神経が過敏になっていることがあげられます。

足のしびれは腰椎の病気(腰椎ヘルニア、脊椎狭窄症、腰椎すべり症、骨棘)などで神経を圧迫されて起きる場合や、座骨神経痛などの症状で腰やお尻の筋肉が固くなり、血管を圧迫することで起きる神経・血流障害の場合が考えられます。

手と足のしびれに共通するのがストレスや更年期障害等で、ホルモンバランスが乱れることや脳障害の場合もあります。

当院の整体施術であなたの悩みを解決!!

 

①筋肉の調整

固くなってしまっている筋肉と関節を緩めて整体の施術で調整します。(トリガーポイント・セラピー/TP)

➁関節の調整

整体の施術で背骨の関節に動きをつけます。(CMT/関節の調整)

③姿勢・体操指導

再び症状が繰り返さないように正しい姿勢や座り方、職場や自宅でできるストレッチをお教えします。

手足のしびれ <もっと詳しく>

●頸椎症
中高年の約40%の人にみられ、頸椎の間が加齢により狭くなることで骨棘(椎体にできるとげ状の骨)ができ、骨棘が脊髄神経を圧迫することで神経伝達が悪くなります。首の後ろから肩甲骨の痛みやしびれ、首の運動制限をもたらします。
また、知覚障害、筋力低下、排尿障害などが生じます。頸椎症の症状は、首の痛み・肩こり・手のしびれなどがあります。

当院では、整体の施術で頸椎の重心の位置を少しずつ戻し、頸椎の可動域をつけていきます。
また、土台である背骨や骨盤の矯正を行いながら頸椎に負担がかからない姿勢を定着させていきます。

●頸椎ヘルニア
頸椎は椎間板という繊維輪でクッション性を保っています。
頸椎ヘルニアは頸椎の椎間板が損傷し、椎間板の繊維輪の中にある髄核が飛び出し、神経に触れていることでおきる症状です。首の彎曲が少なくなると、椎間板の圧迫が大きくなります。

デスクワークや作業などで長時間下を向く姿勢等は慢性的に椎間板に負担がかかる為、頸椎ヘルニアのリスクが高くなる傾向があります。また、怪我や事故などにより首に強い力が加わって頸椎ヘルニアをおこすこともあります。交通事故によるムチ打ちも頸椎ヘルニアになることが多いようです。

頸椎ヘルニアの主な症状は、首の痛みや天候などによる気圧の変化や温度差で、頭重や頭痛、手のしびれ・手に力が入らない・手の冷え、脱力感などがあります。

当院では、整体の施術でヘルニアを起こしている筋肉の深いこり(トリガーポイント)を緩めて筋肉を緩和し、関節を正しい方向へ調整し、負担を軽減し症状を改善していきます。

●むち打ち
むち打ちは事後などの衝撃によって、首が前後・左右に首の筋肉や関節、靭帯、椎間板などを痛めてしまうことです。
事故直後はすぐに痛みはでないですが、数日後に徐々に強い痛みが増してくることがしばしば見られます。痛みが出てからしばらくは頸椎周囲に炎症が起こっていて、ズキズキとうずくような痛みになります。痛みのため、首や肩が緊張し動かすごとが困難な状態となります。

頸椎の炎症がおさまってくると首は多少動かすことは可能ですが、首の痛みで手のしびれや痛みや頭痛、めまいなど様々な症状を起こしやすくなります。症状が少しおさまっても、症状が慢性化してしまい、首や肩の痛み、頭痛、頭重、神経痛などに悩ませる方が多いのが現状です。

急性期の場合は、炎症を抑える療法が必要となります。事故の場合は整形外科を受診し骨折や脱臼などの重篤な問題がないかを確認する必要が大です。残念ながら一度痛みめた頸椎はもとの形に復元されません。日々の疲労やストレスなので慢性的な痛みが出ることが多いようです。

当院では、整体の施術で首や肩の筋肉の緊張をとり、無理なく関節を少しずつ動かし痛みをとっていきます。