四十肩・五十肩にお悩みの方へ

このような症状でお悩みの方へ

  • 肩が痛くて上がりづらい
  • 手を背中の後ろに回せない
  • ちょっとした角度で動かすと痛い
  • 寝ている時にズキズキした痛みで寝れない
  • 腕にも痛みがでる

四十肩・五十肩の原因

正式名称は肩関節周囲炎と呼ばれ、慢性の肩こりのある方デスクワークなどで肩周りを動かす機会が少ない方に多いようです。正式な原因は不明ですが、加齢で基礎代謝が下がり、肩周りにカルシュウムなどの老廃物が蓄積されることが原因だと考えられています。また、肩関節が徐々に固まっていきふとした動きで痛みが起こることも特徴です。

当院の整体施術であなたの悩みを解決!!

整体の施術で肩周囲の筋肉と靭帯を緩めて、少しず動かしながら早期回復を目指します。

 

①筋肉の調整

整体の施術で固くなってしまっている肩周囲や首、腕の奥深い筋肉を緩めて血行を上げていきます。(トリガーポイント・セラピー/TP)

➁関節の調整

整体の施術で筋肉を緩めながら少しずつ関節を動かしていき、肩周囲の癒着をはがすことで肩関節の可動域を広げていき、痛みのない施術を心がけます。(トリガーポイント+モビリゼーション)

③姿勢・体操指導

再び症状が繰り返さないように正しい姿勢や座り方、職場や自宅でできるストレッチをお教えします。

四十肩・五十肩 <もっと詳しく>

四十肩・五十肩は医学的には、「肩関節周囲炎」や「癒着性関節炎」などと呼ばれています。肩関節の靭帯や筋肉、腱などに炎症が起きた状態です。

多くの場合は、肩を挙げるときにズキッとする痛みや肩があげられない、腕を回す(髪を結う、腰の後ろでひもを結ぶ、背中をかくといった動作)などの運動障害の症状があげられます。痛みのひどい場合は、寝ているときに痛み、痛みで睡眠を妨げる場合もあります。

四十肩・五十肩は、痛みで安静にし動かさないでいると筋肉が癒着し、固まって肩の動かす範囲が狭くなります。重症になると肩関節がほとんど動かなくなります。(凍結肩)四十肩・五十肩の方の姿勢は、肩関節が前に変位していることで方が丸まり猫背の姿勢になり、肩関節の軸が前にいき関節の内部の摩擦やひっかかり摩擦が大きくなり、炎症を引き起こすことも原因の一つと考えられています。

四十肩・五十肩はデスクワーク等、身体を動かす機会の少ない方や加齢で起きることが多く1~2年で自然に治る疾患ですが施術により筋肉、靭帯、腱 肩関節を緩めることで回復期間が短くなります。
当院で整体の施術を受けたの多く方は、施術のたびに徐々に肩の動きをと痛みの軽減を実感されています。
あきらめずにご相談下さい。