O脚・膝の痛みにお悩みの方へ

このような症状でお悩みの方へ

  • 脚の形が気になり、見た目が気になる
  • 脚のむくみや冷えがひどい
  • O脚で姿勢が悪い
  • 膝の痛みがある
  • 生理不順、生理痛や便秘がある
  • 階段の上り下りで膝が痛む
  • 椅子から立ち上がる時膝が痛い
  • 寝ている間も膝がズキズキ痛む
  • 変形性膝関節症と診断された

O脚の原因

O脚には構造的なもの姿勢的なものがあります。構造的O脚とは、踵とつま先を揃えて立った姿勢の時、膝のお皿の向きが真正面を向いている状態になり、膝の間が開いた脚の状態です。この形は生まれつきの骨の変形などが原因と考えられます。この状態は、整体での矯正はまず不可能です。

姿勢的なO脚は上記の姿勢の時、膝のお皿の向きが内側になり、膝の間が開いている状態です。(内股)

日常生活での癖から

  • 内股歩き
  • 脚を組む
  • クロス立ち
  • 横座り、女の子座り
  • ハイヒールをよく履く
以上のような股関節や膝の内旋を促すようなことが原因とされています。このような姿勢的なO脚であれば矯正は可能です。O脚矯正することで、膝、腰の負担が軽減され、見た目の姿勢もよくなります。身長も1~2センチ伸びることもあります。
整体の施術に入る前には、十分にカウンセリングをおこない、納得して頂いた上で施術に入りますのでご安心下さい。

 

 

膝の痛み

膝の痛みが多いのは高齢者のイメージが多いですが、実は症状が出始めるのは40~50代です。膝の間違った使い方、歩き方や肥満、運動不足による筋力低下や柔軟性の低下が加わり、膝が悲鳴をあげ痛みに変わります。気温が下がる秋以降は膝や足全体の血液やリンパの循環状態が悪くなり、痛みを強く感じやすくなります。

歩けないほどではないので放置しがちですが対策を講じなければ「自然に治る」といったことはないです。膝の軟骨の摩耗が進み立ったり座ったりや、階段の上り下りなどがつらくなり、外出が困難になります。生活の質が下がるばかりか、活動量減少で筋力が低下します。肥満を招き、生活習慣病のリスクが高くなります。

当院の施術であなたの悩みを解決!!

O脚矯正、膝の痛みは、下半身から腰にかけて整体の施術でバランスを整えて柔軟性を上げていきます。

①筋肉の調整

固くなってしまっている下半身の筋肉を緩めて整体の施術で調整します。。(トリガーポイント・セラピー/TP)また柔軟性を高めバランスを良くしていきます。膝の痛みは、もも前、膝周囲の筋肉、靭帯を時間をかけて緩めます。

➁関節の調整

整体の施術で骨盤の関節に動きをつけます。(CMT/関節の調整)

③姿勢・体操指導

再び症状が繰り返さないように正しい姿勢や座り方、職場や自宅でできるストレッチをお教えします。