椎間板ヘルニアにお悩みの方へ

このような症状でお悩みの方へ

  • 脚が痛い、脚に力が入らない、冷える
  • お尻から脚の裏側、横にかけてしびれる
  • 腰が重い、しびれる
  • 首、肩、腕、指等にかけて痛みやしびれ、力が入りづらい
  • 天候や季節の変わり目に痛みがでる
  • 疲労の蓄積で痛みがでる

椎間板ヘルニアの原因

背骨と背骨の間にある椎間板の髄核という組織が外に飛び出し、神経を圧迫することが原因とされています。日常生活での急な動作不良姿勢からの背骨の歪み椎間板の老化骨の老化も原因に挙げられます。

当院の整体施術であなたの悩みを解決!!

整体の施術で幹部周囲の深層部の筋肉を緩めていくことで、痛みが少しずつ緩和されていくことが期待されます。

①筋肉の調整

固くなってしまっている周囲の筋肉と関節を緩めて整体の施術で調整します。(トリガーポイント・セラピー/TP)また、カラダのバランスも改善に導き、ヘルニアによる痛みを緩和していきます。

➁関節の調整

整体の施術で背骨の関節に動きをつけます。(CMT/関節の調整)

③姿勢・体操指導

再び症状が繰り返さないように正しい姿勢や座り方、職場や自宅でできるストレッチをお教えします。

椎間板ヘルニア <もっと詳しく>

椎間板ヘルニアは、椎体と椎体の間にある椎間板の繊維輪の中にある髄核が、後方に突出または脱出して、その後方にある靭帯や神経根、脊髄を圧迫し、痛みや手足の麻痺をおこす疾患を椎間板ヘルニアといいます。外傷など明らかな原因があって発症するものが多いですが、なかにははっきりとした原因がなく、突然または徐々に腰痛や頸部痛がおこります。
立ち上がる動作やせき、くしやみにより増強します。

多くの例で、足や手の指や筋力低下、しびれ、感覚麻痺が生じます。病院での一般的治療は、薬物治療やブロック注射などの保存療法や内視鏡下手術、レーザー手術を行います。しかしながら、手術が成功しても痛み自体が引かない例も数多くみられるようです。

私達、手技療法家からの見解ですと、手術はあくまでも最終手段です。基本的には、カラダにメスを入れることはリスクが高いように思われます。

当院ではヘルニアは良く出来ませんが、整体の施術により痛みを取ることは可能です。諦めずにご相談下さい。