脊柱管狭窄症

 

脊柱管狭窄症 60代男性

来店時の症状

歩き始めてしばらくすると
痛みで歩行が困難になる。
しばらく休むとまた 歩けるようになる。

<検査、原因分析>

病院で脊柱管狭窄症の診断。
加齢からの狭窄症状。
狭窄症の特徴である間欠跛行の症状。

<施術プラン>

脊柱管狭窄症で変形しているものは施術で元に戻すことはできません。
一時的にでも痛みを減らすことで鎮痛による生体反応で生理的な痛みの回復力が
高まり、持続的な改善につながる場合があります。

経過

1回目

  • 腰、臀部、下肢を中心的に筋肉を緩め、血流・神経伝達の流れをうながす。
  • ストレッチ・モビリゼーションで動かしやすい硬さにする。
  • 術後は痛みの改善、動かしやすくなる。

2回目~4回目

  • 施術後は調子がいいがあまり変化の実感は出ていない。

5回目

  • すこし歩ける距離が伸びてきている。
  • 術後の身体全体の調子はいいので継続して来店中。

※施術効果には個人差があります。

京浜空港線糀谷駅から徒歩1分!45,000以上の豊富な施術実績をもち基礎医学に精通したスペシャリスト集団が、痛くて気持ちいと評判の整体でつらい症状を改善に導きます。お子様連れ歓迎。当日の施術をご希望される方はお電話ください。

住所:〒144-0034 東京都大田区西糀谷4-14-15 1F

カイロプラクティックセンター糀谷整体院
電話:03-3744-7500